Contact Us

2024.06.13

Award

Share on

Facebook Twitter

BRANDED SHORTS 2024で入賞!

BRANDED SHORTS 2024において、TYOが制作に携わった作品が、ナショナル部門のファイナリストに2つ選出されました。

「BRANDED SHORTS」は、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)が、2016年に同映画祭内に設置した、企業や広告会社がブランディングを目的に制作したショートフィルム・ブランデッドムービーを表彰する日本で唯一の国際的な広告映像部門です。

今年は世界中から集まった747のエントリー作品の中からインターナショナル部門14作品、ナショナル部門14作品がノミネートされました。その中から、5名の審査員により必然性、認識変化力、シェアラブル、メッセージ力、視聴維持力、オリジナリティ、時代性、視聴後の想起力の8つの視点をもとに選定され、2024年6月12日に実施されたセレモニーにて各賞の発表が行われました。

■受賞作品は以下のとおりです。

FIRESIDE TALKS Kavka Shishido & el tempo「火と、森と、音楽と」
<ファイナリスト>ナショナル部門
クライアント:ファイヤーサイド株式会社
広告会社:株式会社渡辺潤平社
制作会社:株式会社TYO
プロデューサー::乗富巌、本田光(MONSTER)
プロダクションマネージャー:加藤勇人、高橋周平(MONSTER)
▶SSFF & ASIAのサイトで詳細を見る

走馬灯バス
<ファイナリスト>ナショナル部門
クライアント:プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社
広告会社:株式会社カヤック
制作会社:株式会社TYOプロデューサー:木下健太郎、今野聖也(MONSTER)
▶作品を見る
▶SSFF & ASIAのサイトで詳細を見る

■詳細は下記ページでもご覧いただけます。
BRANDED SHORTS公式サイト

Share on

Facebook Twitter