Contact Us

2024.03.08

Press Releases

Share on

Facebook Twitter

第4回 TYO学生ムービーアワード受賞作品発表 !金賞は立命館大学 佐野文哉さんの『Brave Grandpa』

株式会社TYO(本社:東京都港区、代表取締役社長:早船浩)は、第4回「TYO学生ムービーアワード」の表彰式を、3月7日(木)に赤坂インターシティコンファレンスにて開催し、最終ノミネート5作品の中から受賞作品を発表いたしました。

左から銀賞 桶本優さん、金賞 佐野文哉さん、審査員特別賞 瀬こころさん、銅賞 盛岡三夏さん

第4回目となる本アワードでは「初心者」というテーマで、学生が自由に制作した60秒のショートフィルムを募集したところ、若い感性が光る多数の作品が寄せられました。最終ノミネート作品を選出するにあたり、特別審査員として俳優で国際短編映画祭代表の別所哲也氏と、男女8人組の「ダウ90000」主宰として演劇・お笑い・コント・ドラマなど様々な分野で多彩な才能を発揮している蓮見翔氏に参画いただきました。

最終ノミネート5作品の中から金賞は『Brave Grandpa』 立命館大学 佐野文哉さん、銀賞は、『おじいさんデビュー』 佐賀大学 桶本優さん、銅賞は『Unknown Noise』 武蔵野美術大学 佐藤雪乃さん、 『「初」』 立命館大学 盛岡三夏さん、 審査員特別賞は『トラバーチン模様のうた』 関西大学 瀬こころさんに決定しました。 
表彰式当日は別所哲也氏による司会進行のもと、盛況のうちに閉式しました。また、当アワードの主催社代表の早船は次のように総評しました。「今回も様々な作品が寄せられました。それをどう解釈するか、どう理解するか、見ていて楽しかったです。映像を作って表現して伝わる形にすることはとても魅力的でやりがいのある仕事と感じています。皆さんが将来の映像業界を盛り上げていってほしいと感じています。」

第4回 TYO学生ムービーアワード 受賞作品詳細

<金賞>『Brave Grandpa』
立命館大学 映像学部 映像学科 3年
グループ応募・代表者 佐野 文哉(さの ふみや)

■受賞コメント
昨年も応募したのですが、最終ノミネート作品にも入らなかったので、今年は金賞をとれて嬉しいです。制作期間としては、企画、ポスプロにそれぞれ1カ月、撮影は半日くらいかけて作りました。賞金は、来年の卒業制作で1時間尺の映画を作るのでそれに使わせてもらいたいと思います。


<銀賞> 『おじいちゃんデビュー 』
佐賀大学 芸術地域デザイン学部 地域デザイン学科 地域デザインコース 3年
桶本 優(おけもと ゆたか)

■受賞コメント
今回出演してくれたのは自分の祖母と祖父で、最終ノミネート作品に選ばれて大変喜んでいました。わかりやすく「孫が産まれた」などであればおじいちゃんになりますが、人間はいつからおじいちゃんになるのだろう?という単純な疑問から作品を制作しました。


<銅賞>『Unknown Noise』
武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科 2年
佐藤 雪乃(さとう ゆきの)

■受賞コメント
このように自分の作品を評価されるのは初めてなので嬉しい気持ちでいっぱいです。今回、「初心者」というテーマから赤ちゃんが思い浮かびました。聞くこと、見ること、全てのことが初体験である赤ちゃんをテーマに、赤ちゃんが怖いと感じる気持ちを想像して視覚化しようと思いました。


<銅賞>『「初」』
立命館大学 映像学部 映像学科 2年
グループ応募・代表者 盛岡 三夏(もりおか みなつ)

■受賞コメント
大学の仲間たちと作った作品がこのような形で評価されてとても嬉しく思います。まずは「初心者」の切り口を色々と考えてから制作を進めました。「絵を初めて描く男の子」と「自転車に初めて乗る女の子」という2軸で二人の初な恋愛模様というものを作りました。


<審査員特別賞>『トラバーチン模様のうた』
関西大学 総合情報学部 総合情報学科 2年
グループ応募・代表者 瀬 こころ(せ こころ)

■受賞コメント
このような賞をもらって感無量です。最終ノミネート作品が発表される前から、審査員特別賞は自分のものだと思っていました。作詞作曲も自分で行い、見ていて気持ちよくて、なぜかもう一度見たくなる作品を作りたいと思い、映像の間などにこだわって制作しました。


※敬称略、2024年3月8日現在。
※受賞作品のほか、ファイナリスト(優秀作品)はアワード公式サイトでご覧いただけます。https://tyo-gama.jp/

上記受賞者には賞金が贈呈され、さらに副賞として宣伝会議発行の月刊「ブレーン」誌上にて掲載されます。また金賞・銀賞作品はショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2024にてオンライン上映予定です。

【左】左から審査員の佐藤 渉(TYO)、金賞受賞の佐野文哉さん
【右】左から審査員の佐藤渉(TYO) 、金野恵利香(TYO)、蓮見翔さん(ダウ90000主宰)早船浩(TYO)、別所哲也さん(国際短編映画祭代表)、浜崎慎治さん(CMディレクター)、松井一紘さん(FIELD MANAGEMENT EXPAND)

TYO学生ムービーアワードについて

本アワードは、テレビCM、オンライン動画などを中心とした多様なコンテンツ制作の実績ノウハウをもち、CM、映画などの映像ディレクターを数多く生み出してきたTYOが、次世代の才能の発掘と育成、さらには、映像業界全体の発展に寄与していきたいという思いから開催している学生向けショートフィルムコンテストです。

・TYO学生ムービーアワード公式サイト ⇒ https://tyo-gama.jp/

TYO会社概要

TYOは広告映像を中心としたコミュニケーションコンテンツの戦略立案・企画・制作を手掛けるプロデュースカンパニーです。テレビCM・オンライン動画等の年間制作本数は800本以上。総社員数300名、80名ものプロデューサーが在籍しており、国内映像プロダクション業界でもトップクラスの規模を誇ります。【最高の制作チームで、領域を超え、心を動かし、「伝わる」ものを作りつづける。】をMissionに掲げ、多様な価値観が共存できる社会を目指し、今日も誰かの心を動かすものを作りつづけています。

▼関連ニュース

【本件に関するお問い合わせ先】
TYO学生ムービーアワード 運営事務局 info@tyo-gama.jp
またはContactフォームよりお問い合わせください。

Share on

Facebook Twitter